両方のPC使ってわかった、MacとWindowsの違い

MacとWindowsを比較してわかった違い

「パソコンを選ぶ時、MACとWindowsどちらがいいんだろう‥」

「Windowsは事務に向いていて、MACはデザイナーむきなのかな‥」

パソコンを選ぶ時、自分はどちらが向いているかわかりにくいですよね。

特に使ったことない機種なら。

私は、今パソコンはMACとWindowsの二台を持っているので、両方の良いところやデメリットを自分なりに把握しています。

なので、

MacとWindowsのスペックや値段、使いやすさについてまとめてみました。

windows キーボード

Macは、iPhoneを作ったApple社が作りましたが、Windowsはエクセルなどのソフトを作ったマイクロソフトが作りました。

Apple社の創業者、スティーブジョブスはハードウェアを重視し、マイクロソフトの創業者、ビルゲイツはソフトウェアを重視したのが、大きな違いだと思います。

もう少し踏み込んで考えると、Macのスティーブジョブス直感的な使いやすさや機械と機械の連携を重視し、

マイクロソフトの創業者ビルゲイツは、エクセルやワードなどパソコンでできるソフトに力を入れていたと考えられます。

なので、Macで考えた場合、iPhoneやiPadとMacの連携がしやすいことに対し、Windowsはパソコンで使えるソフトが充実している点が大きな違いだと思います。

パソコンの機種をMacとWindowsか悩むなら、作られた目的を知って置くのは決して無駄ではないと思います。

操作性、使いやすさはWindowsよりMac

画面のアイコンを押して操作するやりやすさは、Macに軍配が上がると思います。

その理由として、どこにアイコンがあるかわかりやすい点や、MacはOSのバージョンが上がっても配置がほとんど変わりません。

一方Windowsは、7と10の時の画面の配置は大きく変わっています。

慣れの問題もあるかもしれませんが、Macの方が使いやすいと思う理由として

  • 階層が深くない
  • 項目が多すぎない

この2点が、洗練されているからだと思います。

アイコンの項目の分け方が細かすぎず、おおざっぱすぎずないバランスは、Macのほうが優れています。

パソコンの値段が安いのが多いのはWindows

パソコン windows

MacとWindowsはどちらが安いのかざっくりした質問をされたら、私はWindowsの方が安いと答えます。

パソコンが本格的に世に出回ったWindows95が販売された1990年後半の時代、Windowsのパソコンのシェアは約90%です。

パソコンを100人持っていたら、90人はWindowsを使っている計算ですね。

用途に応じた種類が多いので、Windowsは値段も安いものから高いものまで揃っている印象です。

Macは、基本的なラインナップはノートブック型のMookbookAir、デスクトップ型のMookbookPro,iMacの三種類です。

新品で考えた場合、Macのパソコンは一番安いパソコンでも10万円前後しますが、Windowsは安いパソコンだと2万円くらいで買えます。

Macのパソコンは、中古でもあまり値下がりしないのも特徴です。

なので、とりあえずパソコンが欲しいなら最初はWindowsの方が私は良いと思います。

使えるソフトが多いのはWindows

windows パソコン

今では、Macでもエクセルやワードは使うことはできますが、数年前までは使うことはできませんでした。

今でも、Windowsでは使えるけどMacでは使えないソフトはいくつかあります。

例えば、動画配信や編集するためのソフトはWindows対応しているけど、MAc対応は不可と表示されるのはそれなりにあることです。

ただ、Macを使っていてソフトを使えない不便さを感じることは個人的にはありません。

マウスなしでも操作できるのはMac

私はMacを重宝している理由の決め手が、マウスなしでもパソコンを操作しやすい点です。

なので外出した時でも場所を多く取らない点や、検索した時に前のページに戻る時二本指で瞬時に戻ることは、とても便利です。

検索画面をマウスで前の画面に戻る場合は、画面左上の矢印まで戻る必要がありますからね。

Windowsでもタッチパネルで操作できる種類もありますが、精度に関してはMacの方が高いと個人的に思います。

もしかすると、タッチパネルに力を入れたパソコンの機種はあるかもしれませんが、Macの方が操作性を重視していたことは間違いないと思います。

ちょっとしたことですが、パソコンを触る時間が長いならストレスがないのはMacだと思います。

クリエイティブ=Macは違うと思う

mac

デザイナーはMacを多く選ぶイメージが多いかもしれませんが、実際はWindowsでもデザイナーとして十分問題なくパソコンのソフトは充実しています。

写真編集のソフトPhotoshopやデザインを設計するIllustrator,Youtube用に動画を編集するAdobe PremiumなどのソフトはWindowsでも問題なく操作できます。

Macだからできること、Windowsだからできることは今はほとんどないと思います。

なぜなら、ソフトに互換性がありますからね。

繰り返しになるけど値段が少し高い、デザインがかっこいい、Apple社のコンセプトなどのイメージで、Mac=クリエイティブのイメージがついているのではと思います。

MacとWindowsのどちらにも、一長一短があります。

この記事が参考になれば幸いです。ではでは

よかったら評価よろしくお願いします。
  • 素晴らしい (0)
  • 役に立った (0)
  • 普通 (0)
  • 読みにくい (0)
  • 面白くない (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です