仕事に活かせて、自分を成長させるビジネス書籍の選び方

読んだだけで満足しがちなビジネス本

「評判のビジネス本を読んで面白かったけど、後々考えたらあまり印象に残ってない‥」

あなたは、ビジネス本を読んだだけで満足してませんか。

せっかく時間の合間をぬってビジネス本を読んでいるのに、読んだだけで終わるのは私はもったいないと思います。

そこで、どのように良いビジネス本を見つければよいのかを考えてみました。

この記事でのビジネス本の定義は、人や会社を中心について書かれている内容を意味します。

仮想通貨、マーケティングなどは専門書として除外して考えています。

ノートで本の内容を効率よく吸収する記事はこちら

そもそも論ですが、ビジネス本を書く人はなぜ本を出版するか考えてみると、

  • 自分orもしくは会社の宣伝
  • ファン(信者)を増やす
  • 収益のため
  • 読む人に真実を伝えたい

だと、思います。

一方、ビジネス本を読む人は

  • 知らない知識を得たい
  • 仕事に生かしたい
  • 作者のファン
  • なんとなく、暇つぶし

で読むと思います。

つまりビジネス本を書く人と読む人の目的は、大きな隔たりがあります。

学校の教科書や専門書なら、理解させたい、理解したいの利害が一致してますからね。

では、どのようにみれば良いビジネス書が見つかるのでしょうか。

私が思う、良いビジネス書の見つけ方を考えてみました。

失敗談の詳しいビジネス本は優秀

「うちの会社は、品質に重視することで大きくなりました」

「私は、根性だけは誰よりもありました」

確かに、成功した人がいうことで説得力のある言葉だと思います。

しかし、私はあまり一般論をベースにした本は、好きではありませんでした。

一般論をベースにしてしまうと、私は書いている人の宣伝や自慢にしか感じないので。

成功談よりも、むしろ失敗談が多い方が読んでいてためになると思います。

さらに言うと、失敗したことに対して具体的に取り組んだことが書かれているビジネス本は、とても価値があると勝手に評価してしまいます笑

もちろん、書いている人や会社のイメージを損なわないようにしている配慮もあるかと思います。

失敗談をオープンにしているのは、日本よりもアメリカのビジネス本の方かもしれません。

アマゾンの創業者、ジェフベゾスの半生を描いた本、『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』では、知ってしまっていいのか、と思えるくらい社内の人間関係について細かく実名で書かれています。

書いた人がどこまで腹を割っているかのポイントとして、失敗談をがっつり書いているかだと、私は思います。

ビジネス本の序章と目次をチェック

本検索 序章 本選び

序章や目次を見ることで、書いている人が何を伝えたいのか、ざっくり知ることができます。

序章は、本を書いた目的を知ることができ、目次は知りたいことが書いているかチェックすることができます。

序章や目次を見て、建前論や精神論が多いかどうかを、私はビジネス本を買う時は必ず調べるようにしてします。

継続は力なり、の建前論はとても大事なことです。

基本を疎かにしないことが大事なのも理解できますが、さらに継続する方法について実践したことを詳しく書いているなら、価値はあると思います。

必ずしも売れているビジネス本=良い本ではない

テレビで考えた場合、視聴率というどれだけ人が番組を見ていたのか測る指標がありますよね。

例えば、超大物芸能人の不倫の記者会見の視聴率が50%あった場合、他の番組よりも価値があると言えるでしょうか。

(娯楽を提供するテレビに価値を求めるのは、おかしいかもしれませんが笑)

本が売れるのは、メディアの努力や本屋さんでの販売場所など、他の本当比べて優遇されている場合があります。

読んだビジネス本が、あなたにとって心に響くかどうかが大事ではないでしょうか。

ネットでなく、書店で確認する

本 本選び

今の時代、ネットでも買える時代なのでわざわざと思うかもしれませんが、本屋にいける距離なら直接目を通した方が失敗のリスクは確実に減ります。

飲食店に行った時に、メニュー表の写真では美味しそうでボリュームもありそうなのに、実際注文したら、「あれ?」「思っていたのと違う」という感覚に近いかもしれません。

できるだけ、生の情報を確認した方がイメージのずれが小さくなり、また近くにもある関連本も手に取ることができるので直接書店に行く方が良いのでは、ないでしょうか。

本も人と同じで縁というものがあり、読みたいタイミングの時には、タイトルが目に不思議と入りやすくなります。

そういった出会いを楽しむのもまた良いのかもしれませんね。

「自己アピールが好きな人かな」と思いましたが、書き手の性格もふまえて受け入れることができるかが、本との相性にもつながるのではないでしょうか。

書き出しの文で相性をチェックする

本選び 本検索

学生時代、同じ科目を教えているのに評判の良い先生と悪い先生がいたことはありませんか。

「わかりやすいわ、この先生」という場合と、「話しがよく飛んで、わかりにくいなあ」と経験があった人がいるかと思います。

一方で自分がわかりにくいと思っていても、他の人は「めちゃわかりやすい」と評価する場合もあります。

ビジネス本も同じように、相性があります。買いている人は人間ですから。

なので、もし同じような本があってどれにしようか悩んだ場合は、最後は読みやすさで決めても良いのではないでしょうか。

図書館利用で本購入の失敗のリスクを減らす

本選び 本検索 図書館

一番のリスク回避は、図書館で借りてから決めることです。近くに本屋があるなら、興味のある作者やテーマを読んでから買うのも一つの方法です。

図書館では最新の本は手に入りにくいですが、蔵書はたくさんあるので読みたいビジネス本ずです。

ビジネス書に興味ある方なら、この記事もおすすめです。

一代で成り上がった起業家の成功の秘訣とは


自分の知識不足を疑ってみる

本選び 本検索 経験不足

これまでは外部に対して理由を考えてみましたが、自分の理解力や知識量を高めることも大事だと思います。。

私も自分が理解できなかったことで、読んだビジネス本にときめきを感じなかったことは多々あると思います。

人と出会うタイミングも大事なように、ビジネス本と出会うタイミングも大事かもしれませんね。

少しでもビジネス本選びで失敗しないようになればと思い、まとめてみました。参考になれば幸いです。

ではでは

よかったら評価よろしくお願いします。
  • 役に立った (2)
  • 素晴らしい (1)
  • 普通 (0)
  • 読みにくい (0)
  • 面白くない (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です